読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travelholics!

あすかとふーこの卒業旅行記。

アルヘシラスでフェリーに乗れない…!?

こんにちは、あすかです!


マラガからお馴染みのバスALSAに乗って、アルヘシラスにやってきました!
ここに来た理由はただ一つ。
次の日にフェリーでジブラルタル海峡を渡ってモロッコに入るためです。
f:id:Travelholics:20170228015855p:plain



”海峡を越えて船で別の国に入る”


このことに何故かすごく憧れていて、この卒業旅行の一つの目玉でもある一大イベント。
行く時からワクワクでいっぱいです。


また、この場所で新たな卒業旅行仲間を迎えます!
4月から私と同じ会社で働く”ともこ”が、モロッコ旅を共にします!
ともこはヨーロッパを別で旅してたので、ここアルヘシラスで合流です。



アルヘシラスはこれといって観光する場所でもないので、着いて早速ホテル(Hostal)に向かいます!

バスが着いたのは夕方過ぎ。
この日は雨と風が結構強くて、傘をさしていられないほど。

「これもしかして風ひどくて欠航とかありえるんちゃうん…」
という不安を抱きながら、とりあえず宿でのんびり。


今回泊まった宿はここ。
Hostal Nuestra Señora de la Palma
www.booking.com


頼んだら洗濯をタダでしてくれて、乾燥機までかけてくれる優しいおばちゃんがいる宿でした。
WiFiが一階までしか通ってないのがちょっとマイナス。


ちょっと休憩してから、フェリーの時間と値段を聞きにチケット売り場に。
だいたいの出発時間を決めつつ宿に戻って廊下でスマホをいじってたところ、同じ宿に泊まっているおばちゃん2人組と話し始めました。

すると、恐れてた情報が…!!!


「今日のフェリーはもう全部欠航だったのよ。明日も出るかはわからないけど、可能性があるのは午前の便で、それ以外はもうたぶん欠航になると思うわ。」というのです。
しかもめっちゃ機嫌悪い、このおばちゃん。


せっかくアルヘシラスまで来たのにそれはやばい…!
しかも、それ以降3日くらい雨風が続くらしく、出航への望みは消えていく一方…。


これはフェリーでジブラルタル海峡越え出来ないかもしれない。

フェリーが動くのを待ってたらモロッコに居られる期間がめっちゃ短くなってしまう。


ということで、最悪の事態に備えてスペインからモロッコに飛ぶ飛行機の値段を調べることに。


昼過ぎに一番近いマラガ空港からモロッコ・カサブランカに飛ぶ飛行機が見つかったので、どうしようもなければそれを使うことに決定。
その飛行機に乗るには、9:30発のマラガ行きのバスに乗らないといけないので、朝9時の時点でフェリーが動いてなかったら空路にすることを決めました。



ここで私たちが決めた戦略をまとめると、

⑴ 9:00までにフェリーの出航が決まった場合:そのままフェリーでモロッコ・タンジェに。

⑵ 9:00までにフェリーの出航ガキ待たなかった場合:カサブランカ行きの飛行機をとって、再びマラガに移動。飛行機でモロッコ入国。

そのため次の日の朝一で港に行って、欠航してるかを見て判断することに。
不安を抱きながら早めの就寝。


〜〜〜


余談ですが、フェリーが欠航したって教えてくれた機嫌わるめのおばちゃんが、まさかの日本語ペラペラでした。
「どこから来たの?」って聞かれて、「日本だよ」っていうと、
「え?ほんとに〜〜〜???ビックりしました〜〜〜!」って流暢な日本語で返されたのです。

や、それはこっちの方がびっくりやわ。って突っ込みたくなるのを抑えつつ理由を尋ねてみました。
そしたら、まさかのその人はフランスの外務省で働いていて、昔日本に仕事できて住んでたことが判明!今はタンジェで働いているんだとか。

久しぶりに日本語を話したみたいで、ちょっと機嫌も直って部屋に戻って行きましたとさ…笑


〜〜〜



さて、本題に戻りましょう。

次の日、6時半くらいに起きて準備して、港へ。
ここの港、WiFiが飛んでいて結構快適です。

f:id:Travelholics:20170228024510j:plain


ターミナルの中には人がいっぱい。みんなフェリーが動き始めるのを待っている様子。
ターミナルの掲示板を見てみると…

f:id:Travelholics:20170228023803j:plain


いくつかはもう欠航が決まっていました。

インフォメーションの人に尋ねたところ、
・小さいフェリーはほぼ出航不可能
・動く可能性があるのは、大きくてスピードの遅いフェリー(10:00発)
とのこと。


私たちが港に着いた時点では、まだ欠航か出航かも決まっていない微妙な状態だったので、バスに乗るリミットである9:00まで粘ってみることに。


(これはたぶん無理なんやろうな…)
と思いながら、とにかく何かアナウンスがあるのを待ってみるも音沙汰なし。

ふと、もう一つの電光掲示板みてみると、同じ港からCeuta(セウタ)というモロッコの隣にあるスペインの跳び地領への大きいフェリーが欠航してることが判明。

f:id:Travelholics:20170228023742j:plain


これはもう無理やわ!
ってことで速攻で飛行機のチケットを取り、バスにギリギリで乗ってマラガ空港に向かいました…


せっかくアルヘシラスまで来たのに…と思いつつも、
自然には逆らえないことを改めて実感しながらマラガ空港からモロッコ・カサブランカに移動します。

f:id:Travelholics:20170228024321j:plain


この時乗った飛行機は、Royal Air Moroccoというモロッコ国営の航空会社のもの。
豪華なんやろうな〜と楽しみにしていたら、まさかのちっちゃいプロペラ機でした笑

f:id:Travelholics:20170228024125j:plain



久しぶりすぎるプロペラ機に怯えつつも搭乗。
1時間45分のフライトにも関わらず、ドリンクとジュースが出てきたあたりはしっかりした航空会社やな、って感じ。

f:id:Travelholics:20170228024802j:plain


とくにたくさん揺れることもなく、オンタイムでカサブランカに到着しました!
ついに初のアフリカ大陸!モロッコ!!!
f:id:Travelholics:20170228024815j:plain


この日はカサブランカに滞在せず、そのままマラケシュまで向かいます。
そのことについては次の記事で。