読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travelholics!

あすかとふーこの卒業旅行記。

1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け…!?

2月16日、卒業旅行2日目。
マドリードはまだこれから飛行機の乗り換えで来るので、早速ですが一旦移動します!
『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』と言われるくらい有名な街、トレドへ。

トレドとは

かつての西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教キリスト教の文化が交錯した地である。「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/トレド

街全体が世界遺産なんて素敵すぎる…!と行く前から胸が高まる〜〜♫

アクセス

トレドへのアクセスはマドリードから。
マドリードからはバスで1時間程度で移動できます。

移動に使うのは、この先もたくさんお世話になるバス会社"ALSA"で。
1時間に1本程度はバスが出ているので、好きな時間にバス停に行ってチケットを買えば大体はいけると思います。

私たちはマドリードの中心から地下鉄でバス乗り場であるPlaza Eliptica駅に移動。
この駅に置いてあるチケット発券機でトレド行きのバスチケットを買います。
(チケットの写真)
チケットは1人5ユーロ(+手数料的なの)。ネットでも購入できますが、ネットで買うと手数料とかでちょっと高くなるみたい。一本待ってもいいやーっていうくらいのスケジュール感なら直接駅で買うのがオススメです!

バスの出発時刻と出発ゲートの番号は電光掲示板で確認できます。
Wi-fiは飛んでいませんが、快適な車内です。乗車時間が短いバスは席指定がないみたいなので、隣同士で座りたい場合は15分前くらいから並んで置くほうがベター。
私たちが7分前とかについたときには、もうすでにたくさんの人が並んでいました。

トレドのバス停は、街のメインのところから歩いて30分程度。
他の観光客はタクシーで向かっていましたが、私たちは歩いて行くことに。
ずっと上り坂なのでちょっと大変…

観光

トレドの観光といえば歴史のある街。
坂道と階段が多い街なので、先にホステルにバックパックを置いてから観光に出かけます。

1日目

大通り(Calle Comercio)

ここがトレドの一番大きな通りで、ショッピングもご飯も全部ここでできそうな感じ!

トレド大聖堂

歩いてたらふとであった大きな教会。
なんとなく凄そう!っていう直感に従って入ってみました。
入館料は10ユーロ。無料でボイスレコーダーのような音声ガイドが付いてきます。(日本語はなし。英語・フランス語・スペイン語あたりは◎)

音声ガイドについてる教会内の地図に従って教会の中を散策します。
すると凄い…!!!
おっきなステングラスが何枚もあったり、エル・グレコの絵が飾られてたり。
想像をはるかに絶するくらいの立派な教会でした!
後々調べてみると、カスティーリャ王国の王様の命で作られた教会らしい…
スペイン繁盛時代を垣間見た気分になりました。

おっきすぎてここだけで1時間半くらい滞在してしまった…!

2日目

割引チケットで街観光

泊まったホステルのおじさんから、9ユーロで7カ所に入れるチケットがあるよ!と教えてもらったので、2日目はそれを使ってトレドを見て回ることに。
チケットは、そのチケットを使って入ることができるスポットのどこかの入り口で購入可能です。
ほとんどの入場料が2.5ユーロなので、4箇所以上まわりたい人にはお得。

f:id:Travelholics:20170225032110j:plain
こんな地図とリストバンドを受け取って街巡りスタート!

このチケットで入れるのは以下の7カ所。
・Sto. Tomé Church(サント・トメ教会)
・Sta. María La Blanca Synagogue(サンタ・マリーア・ラ・ブランカ教会)
・Monetary of San Juan de los Reyes(サン・フアン・デ・ロス・レージェス修道院)
・Mosque od Cristo de la Luz(クリスト・デ・ラ・ルスモスク)
・Jesuits Church(ユダヤ教寺院)
・Church of El Salvador(エル・サルバドル教会)
・Real Colegio de Doncellas Nobles(日本語訳わからず…汗)

f:id:Travelholics:20170225031606j:plain

私たちはこのうちの6カ所を訪ねました。
ちっちゃい街なので全部見て回っても午前中だけで行けちゃうくらい。

トレドを外から見てみる

トレドを離れる前に、「トレドの街並み全体を見てみたい!」ということで、これまた宿のおじさんに教えてもらったビューポイントに。
これはトレドを囲む川を渡って片道45分くらい歩いたところにあります。
タクシーは使わない精神の私たちはまたもや歩いて行くことに。天気も良くて散歩日和!

街中にいてはみることができない絶景がそこにはありました。
f:id:Travelholics:20170225021112j:plain

城壁みたいなのに囲まれた、中世の雰囲気を残す街並みが川の向こうに広がっていて、ちょっと時間かかるけど歩いてきた甲斐あった…!っていう圧巻の景色。
トレドに行く人には絶対に行って欲しいスポット。

ごはん

トレドに着いたのは2月16日の昼過ぎ。
17時半くらいにちょっと早めの夜ご飯をいただきました。
「やっぱりスペインにきたしパエリア食べたい…!」ということでパエリアがあるレストランを探します。

上で書いた大通りにはレストランがたくさん並んでいて、スープとパエリアのセットで1人13ユーロとかもたくさんありました。
私たちが入ったのは、プラザに面したレストラン。
テラス席の方が値段が高かったので、外が見える店内の席で食べることに。

テラス席で他の人が食べてるパエリアを見てみると結構おっきかったので、2人で1つをシェアして、スパニッシュオムレツも頼みました!

f:id:Travelholics:20170225031606j:plain

パエリア 13ユーロ
f:id:Travelholics:20170225025336j:plain
スパニッシュオムレツ 4ユーロ

これに消費税とかを入れて一人10ユーロいかないくらいのお値段。やっぱりヨーロッパは物価高めやな〜〜とおもいつつも、魚介のスープが沁みた美味しいパエリアとオムレツをいただきました。


2日目のランチは昨日から気になってた生ハム屋さんで
生ハムバゲットと、3種類のハムのサンドを購入。
2つで8ユーロ。これを大きな広場でいただきました!
f:id:Travelholics:20170225023420j:plain
食べたかった生ハムにやっとありつけた!
ちょうどいい塩加減と素朴なバゲットの相性抜群の一品。


宿

私たちが今回トレドで利用した宿はここ。
"Albergue los Pascuales"
ここもHostelworldで予約しました。
2人用のドミトリー(というかむしろ個室!?)で1人13ユーロ。
朝ごはん付きです。
閑散期なのか、私たち以外にゲストは1組くらいでしんみりした雰囲気でしたが…笑
トレドの中心から歩いてすぐなので観光には便利なところでした!

宿のおじさんが優しくて、地図に色々と書き込みながらトレドのことをいっぱい教えてくれます。
おじさんが朝寝坊して朝食の時間になっても起きてこなかったハプニングもありましたが…笑

まとめ

『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』

これって本当なんかなー?と半ば半信半疑で行きましたが、都会すぎずゆったりしていて私はすごく好きな街でした!
そしてほんとに1日いれば足りる街でもありました。笑

トレド大聖堂は今までに行ったどの教会よりも厳かで立派だったし、街並みは世界遺産に登録されているのも納得なくらい綺麗だったし。
ただし、街並みとか教会とか歴史とかにあんまり興味ないわーーって人には大して見るところないやん!って思うかもしれないので、そういう人はマドリードから日帰りでも良さそうな感じ。


次は一旦マドリードに戻ってから、夜行バスでグラナダに移動します!
ずっと楽しみにしていたアルハンブラ宮殿!!!