読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travelholics!

あすかとふーこの卒業旅行記。

アルヘシラスでフェリーに乗れない…!?

こんにちは、あすかです!


マラガからお馴染みのバスALSAに乗って、アルヘシラスにやってきました!
ここに来た理由はただ一つ。
次の日にフェリーでジブラルタル海峡を渡ってモロッコに入るためです。
f:id:Travelholics:20170228015855p:plain



”海峡を越えて船で別の国に入る”


このことに何故かすごく憧れていて、この卒業旅行の一つの目玉でもある一大イベント。
行く時からワクワクでいっぱいです。


また、この場所で新たな卒業旅行仲間を迎えます!
4月から私と同じ会社で働く”ともこ”が、モロッコ旅を共にします!
ともこはヨーロッパを別で旅してたので、ここアルヘシラスで合流です。



アルヘシラスはこれといって観光する場所でもないので、着いて早速ホテル(Hostal)に向かいます!

バスが着いたのは夕方過ぎ。
この日は雨と風が結構強くて、傘をさしていられないほど。

「これもしかして風ひどくて欠航とかありえるんちゃうん…」
という不安を抱きながら、とりあえず宿でのんびり。


今回泊まった宿はここ。
Hostal Nuestra Señora de la Palma
www.booking.com


頼んだら洗濯をタダでしてくれて、乾燥機までかけてくれる優しいおばちゃんがいる宿でした。
WiFiが一階までしか通ってないのがちょっとマイナス。


ちょっと休憩してから、フェリーの時間と値段を聞きにチケット売り場に。
だいたいの出発時間を決めつつ宿に戻って廊下でスマホをいじってたところ、同じ宿に泊まっているおばちゃん2人組と話し始めました。

すると、恐れてた情報が…!!!


「今日のフェリーはもう全部欠航だったのよ。明日も出るかはわからないけど、可能性があるのは午前の便で、それ以外はもうたぶん欠航になると思うわ。」というのです。
しかもめっちゃ機嫌悪い、このおばちゃん。


せっかくアルヘシラスまで来たのにそれはやばい…!
しかも、それ以降3日くらい雨風が続くらしく、出航への望みは消えていく一方…。


これはフェリーでジブラルタル海峡越え出来ないかもしれない。

フェリーが動くのを待ってたらモロッコに居られる期間がめっちゃ短くなってしまう。


ということで、最悪の事態に備えてスペインからモロッコに飛ぶ飛行機の値段を調べることに。


昼過ぎに一番近いマラガ空港からモロッコ・カサブランカに飛ぶ飛行機が見つかったので、どうしようもなければそれを使うことに決定。
その飛行機に乗るには、9:30発のマラガ行きのバスに乗らないといけないので、朝9時の時点でフェリーが動いてなかったら空路にすることを決めました。



ここで私たちが決めた戦略をまとめると、

⑴ 9:00までにフェリーの出航が決まった場合:そのままフェリーでモロッコ・タンジェに。

⑵ 9:00までにフェリーの出航ガキ待たなかった場合:カサブランカ行きの飛行機をとって、再びマラガに移動。飛行機でモロッコ入国。

そのため次の日の朝一で港に行って、欠航してるかを見て判断することに。
不安を抱きながら早めの就寝。


〜〜〜


余談ですが、フェリーが欠航したって教えてくれた機嫌わるめのおばちゃんが、まさかの日本語ペラペラでした。
「どこから来たの?」って聞かれて、「日本だよ」っていうと、
「え?ほんとに〜〜〜???ビックりしました〜〜〜!」って流暢な日本語で返されたのです。

や、それはこっちの方がびっくりやわ。って突っ込みたくなるのを抑えつつ理由を尋ねてみました。
そしたら、まさかのその人はフランスの外務省で働いていて、昔日本に仕事できて住んでたことが判明!今はタンジェで働いているんだとか。

久しぶりに日本語を話したみたいで、ちょっと機嫌も直って部屋に戻って行きましたとさ…笑


〜〜〜



さて、本題に戻りましょう。

次の日、6時半くらいに起きて準備して、港へ。
ここの港、WiFiが飛んでいて結構快適です。

f:id:Travelholics:20170228024510j:plain


ターミナルの中には人がいっぱい。みんなフェリーが動き始めるのを待っている様子。
ターミナルの掲示板を見てみると…

f:id:Travelholics:20170228023803j:plain


いくつかはもう欠航が決まっていました。

インフォメーションの人に尋ねたところ、
・小さいフェリーはほぼ出航不可能
・動く可能性があるのは、大きくてスピードの遅いフェリー(10:00発)
とのこと。


私たちが港に着いた時点では、まだ欠航か出航かも決まっていない微妙な状態だったので、バスに乗るリミットである9:00まで粘ってみることに。


(これはたぶん無理なんやろうな…)
と思いながら、とにかく何かアナウンスがあるのを待ってみるも音沙汰なし。

ふと、もう一つの電光掲示板みてみると、同じ港からCeuta(セウタ)というモロッコの隣にあるスペインの跳び地領への大きいフェリーが欠航してることが判明。

f:id:Travelholics:20170228023742j:plain


これはもう無理やわ!
ってことで速攻で飛行機のチケットを取り、バスにギリギリで乗ってマラガ空港に向かいました…


せっかくアルヘシラスまで来たのに…と思いつつも、
自然には逆らえないことを改めて実感しながらマラガ空港からモロッコ・カサブランカに移動します。

f:id:Travelholics:20170228024321j:plain


この時乗った飛行機は、Royal Air Moroccoというモロッコ国営の航空会社のもの。
豪華なんやろうな〜と楽しみにしていたら、まさかのちっちゃいプロペラ機でした笑

f:id:Travelholics:20170228024125j:plain



久しぶりすぎるプロペラ機に怯えつつも搭乗。
1時間45分のフライトにも関わらず、ドリンクとジュースが出てきたあたりはしっかりした航空会社やな、って感じ。

f:id:Travelholics:20170228024802j:plain


とくにたくさん揺れることもなく、オンタイムでカサブランカに到着しました!
ついに初のアフリカ大陸!モロッコ!!!
f:id:Travelholics:20170228024815j:plain


この日はカサブランカに滞在せず、そのままマラケシュまで向かいます。
そのことについては次の記事で。

一生に一度は行ってみたい街、グラナダ。

グラナダに着いたーー!

今回は、

の2つを書きます!

アルハンブラ宮殿

まず、夕方15時半にマラガ行のバスチケットをALSAの券売機で購入。

6時なのでまだ真っ暗。。
バスターミナルにコインロッカーが無いので仕方なく荷物を背負ったまま外に出ると、目の前にバスが停まってて、行き先を尋ねるとセントロ行き!バス(€1.2/1人)に乗って中心部へ!

車窓から眺めていると、重厚な建物が軒を連ねてきたのでそろそろかな~?と降りてみた。
まだ真っ暗でお店も薬局以外しまってる、、!と、Openしている老舗っぽいカフェが!しかもwifiありなので、入ってカフェラテを頼む。Wifiが切れるまでの1時間、宿の予約など済ませていると外が明るくなってきた!

カフェを出て、アルハンブラ宮殿まで散歩!
f:id:Travelholics:20170228021103j:plain
ひたすら上り坂、、、荷物もあってしんどいけど、朝の空気とグラナダの眺望が気持ちいい!

到着ーー!
バックパックは無料で預かってくれます。
なんか団体客は私たちが持ってない紙を持ってる。。何やろ?と思いつつ1人€14でチケットを買います(学割なし)。
f:id:Travelholics:20170228024650j:plain
なんか12:30って書いてあるなんやこれ。

マップはこちら↓

思ってたより広そう!!

f:id:Travelholics:20170228023249j:plain
端正に切り揃えられた木々!美しい~将来グラナダ住んだら年パスほしいわ~とか言いながら楽しくお散歩。


ここグラナダは、711年のウマイヤ朝以降、1492年1月2日にレコンキスタカトリック復古)によってイサベラとフェルナンド2世のアラゴン王朝に戻されたという歴史を持つ街。
アルハンブラは、1237年以降その歴史の流れの中で少しづつ増築され完成してきた宮殿です。1923~1936年の修復作業を経て、1870年にナショナルモニュメントになり、1984年に世界遺産に認定されたらしい。

f:id:Travelholics:20170228024619j:plain
1526年にチャールズ5世が建てた宮殿はスペイン・ルネッサンスにおける重要な建物です。中がコロッセオみたいな円形で、立派!!(建物内に無料のミュージアムと有料の美術館あり)


ほうほう。そろそろ、Nasrid Palacesに入ろうかね?と入口の列に並んでいると、、
「12:30以降に来てね」と言われ、入れませんでした。チケットに書いてある時間、そういうことだったのか!!!
スムーズに回れるように皆さんオンラインで予約してたんですね~
私達は9時にチケットを買って、入れたのが12:30なので、予約していけば午前中に見終われたんだろうな。

暇だし小腹が空いたので、売店でスナック&チョコラテGet!
f:id:Travelholics:20170228021258j:plain

そうこうしていると時間になったので、Nasrid Palacesへ。
ムハンマド5世が建てた最も有名なPalace of the Lions。本当にきれい!!(一部修復中なのが残念!)
f:id:Travelholics:20170301190516j:plain
イスラームの精密で美しいミニアチュールを眺めていると、イスラム文化が非常に豊かに発展したことが伺えます。
f:id:Travelholics:20170301190426j:plain

14時になり、バスの時間も近いので宮殿を後にし、街へ降ります。
来た道とは別の、遊歩道(The Alhambra Woods)を下ると中心部の道へ出ました。
f:id:Travelholics:20170301190434j:plain
アイスでチャージ♡

マラガ編

市内バスを拾って、バスターミナルへ。
2時間丁度でマラガに到着!(時間に忠実!)

バスターミナルの隣に大きな電車の駅があったので、スーパーで買い出しして、バスで宿泊するホステルまで移動。
Casa Babylon Backpackers Hostel Málaga
f:id:Travelholics:20170228024830j:plain
お姉さんすごい訛ってるけど元気で優しい!!
翌朝のウォーキングツアーも教えてくれました。お城まで歩いて景色を眺めるらしい。
暖炉もあるー!しっぽふさふさの猫もいる!庭でとれたオレンジも食べ放題!

早速、キッチンで自炊。
自炊力皆無な私も日本から持って行ったブイヨンでスープ作り。
f:id:Travelholics:20170301184423j:plain
できたー!おいしそう!これで一人4€以下!
テラスで食べる晩餐は最高そのもの、あすかはこのホステルに沈没したいって言ってました。

翌朝起きると、天候かなり悪し、、
ウォーキングツアーも無さそうだったので、自分達でピカソ美術館へ行くことに。

なんか掃除で大変そう。。昨晩はけっこうな嵐だった模様。

ピカソ美術館、一人€でいざ入館!
f:id:Travelholics:20170301185918j:plain
オーディオガイド付きですごく良かった。
ピカソって落書きみたいなイメージだけどいろんな絵描いたんだな~素敵だな~と感動。


美術館を出て、バスターミナルまで歩きます。
Informationで換金場所を教えてもらい、途中のホテルでドル→ユーロに換金してもらえました!(wifiも飛んでた)

美しい教会もあって、こじんまりして素敵な町やな~晴れてたらもっと気持ちいいだろうな!

バスターミナルでアルヘシラス行のチケットを購入(1人€14.53)。
AVANZAの窓口で買えました~。

電車駅について、2階のフードコートでマクドwifiをゲットしてバスまでまったり。
f:id:Travelholics:20170301185916j:plain
昨晩の余りで作ったサンドイッチで、ランチ完了!

15時頃のバスに乗り、2時間でアルヘシラスに到着です!
いよいよジブラルタル海峡!!⛵

ふーこ

1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け…!?

2月16日、卒業旅行2日目。
マドリードはまだこれから飛行機の乗り換えで来るので、早速ですが一旦移動します!
『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』と言われるくらい有名な街、トレドへ。

トレドとは

かつての西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教キリスト教の文化が交錯した地である。「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/トレド

街全体が世界遺産なんて素敵すぎる…!と行く前から胸が高まる〜〜♫

アクセス

トレドへのアクセスはマドリードから。
マドリードからはバスで1時間程度で移動できます。

移動に使うのは、この先もたくさんお世話になるバス会社"ALSA"で。
1時間に1本程度はバスが出ているので、好きな時間にバス停に行ってチケットを買えば大体はいけると思います。

私たちはマドリードの中心から地下鉄でバス乗り場であるPlaza Eliptica駅に移動。
この駅に置いてあるチケット発券機でトレド行きのバスチケットを買います。
(チケットの写真)
チケットは1人5ユーロ(+手数料的なの)。ネットでも購入できますが、ネットで買うと手数料とかでちょっと高くなるみたい。一本待ってもいいやーっていうくらいのスケジュール感なら直接駅で買うのがオススメです!

バスの出発時刻と出発ゲートの番号は電光掲示板で確認できます。
Wi-fiは飛んでいませんが、快適な車内です。乗車時間が短いバスは席指定がないみたいなので、隣同士で座りたい場合は15分前くらいから並んで置くほうがベター。
私たちが7分前とかについたときには、もうすでにたくさんの人が並んでいました。

トレドのバス停は、街のメインのところから歩いて30分程度。
他の観光客はタクシーで向かっていましたが、私たちは歩いて行くことに。
ずっと上り坂なのでちょっと大変…

観光

トレドの観光といえば歴史のある街。
坂道と階段が多い街なので、先にホステルにバックパックを置いてから観光に出かけます。

1日目

大通り(Calle Comercio)

ここがトレドの一番大きな通りで、ショッピングもご飯も全部ここでできそうな感じ!

トレド大聖堂

歩いてたらふとであった大きな教会。
なんとなく凄そう!っていう直感に従って入ってみました。
入館料は10ユーロ。無料でボイスレコーダーのような音声ガイドが付いてきます。(日本語はなし。英語・フランス語・スペイン語あたりは◎)

音声ガイドについてる教会内の地図に従って教会の中を散策します。
すると凄い…!!!
おっきなステングラスが何枚もあったり、エル・グレコの絵が飾られてたり。
想像をはるかに絶するくらいの立派な教会でした!
後々調べてみると、カスティーリャ王国の王様の命で作られた教会らしい…
スペイン繁盛時代を垣間見た気分になりました。

おっきすぎてここだけで1時間半くらい滞在してしまった…!

2日目

割引チケットで街観光

泊まったホステルのおじさんから、9ユーロで7カ所に入れるチケットがあるよ!と教えてもらったので、2日目はそれを使ってトレドを見て回ることに。
チケットは、そのチケットを使って入ることができるスポットのどこかの入り口で購入可能です。
ほとんどの入場料が2.5ユーロなので、4箇所以上まわりたい人にはお得。

f:id:Travelholics:20170225032110j:plain
こんな地図とリストバンドを受け取って街巡りスタート!

このチケットで入れるのは以下の7カ所。
・Sto. Tomé Church(サント・トメ教会)
・Sta. María La Blanca Synagogue(サンタ・マリーア・ラ・ブランカ教会)
・Monetary of San Juan de los Reyes(サン・フアン・デ・ロス・レージェス修道院)
・Mosque od Cristo de la Luz(クリスト・デ・ラ・ルスモスク)
・Jesuits Church(ユダヤ教寺院)
・Church of El Salvador(エル・サルバドル教会)
・Real Colegio de Doncellas Nobles(日本語訳わからず…汗)

f:id:Travelholics:20170225031606j:plain

私たちはこのうちの6カ所を訪ねました。
ちっちゃい街なので全部見て回っても午前中だけで行けちゃうくらい。

トレドを外から見てみる

トレドを離れる前に、「トレドの街並み全体を見てみたい!」ということで、これまた宿のおじさんに教えてもらったビューポイントに。
これはトレドを囲む川を渡って片道45分くらい歩いたところにあります。
タクシーは使わない精神の私たちはまたもや歩いて行くことに。天気も良くて散歩日和!

街中にいてはみることができない絶景がそこにはありました。
f:id:Travelholics:20170225021112j:plain

城壁みたいなのに囲まれた、中世の雰囲気を残す街並みが川の向こうに広がっていて、ちょっと時間かかるけど歩いてきた甲斐あった…!っていう圧巻の景色。
トレドに行く人には絶対に行って欲しいスポット。

ごはん

トレドに着いたのは2月16日の昼過ぎ。
17時半くらいにちょっと早めの夜ご飯をいただきました。
「やっぱりスペインにきたしパエリア食べたい…!」ということでパエリアがあるレストランを探します。

上で書いた大通りにはレストランがたくさん並んでいて、スープとパエリアのセットで1人13ユーロとかもたくさんありました。
私たちが入ったのは、プラザに面したレストラン。
テラス席の方が値段が高かったので、外が見える店内の席で食べることに。

テラス席で他の人が食べてるパエリアを見てみると結構おっきかったので、2人で1つをシェアして、スパニッシュオムレツも頼みました!

f:id:Travelholics:20170225031606j:plain

パエリア 13ユーロ
f:id:Travelholics:20170225025336j:plain
スパニッシュオムレツ 4ユーロ

これに消費税とかを入れて一人10ユーロいかないくらいのお値段。やっぱりヨーロッパは物価高めやな〜〜とおもいつつも、魚介のスープが沁みた美味しいパエリアとオムレツをいただきました。


2日目のランチは昨日から気になってた生ハム屋さんで
生ハムバゲットと、3種類のハムのサンドを購入。
2つで8ユーロ。これを大きな広場でいただきました!
f:id:Travelholics:20170225023420j:plain
食べたかった生ハムにやっとありつけた!
ちょうどいい塩加減と素朴なバゲットの相性抜群の一品。


宿

私たちが今回トレドで利用した宿はここ。
"Albergue los Pascuales"
ここもHostelworldで予約しました。
2人用のドミトリー(というかむしろ個室!?)で1人13ユーロ。
朝ごはん付きです。
閑散期なのか、私たち以外にゲストは1組くらいでしんみりした雰囲気でしたが…笑
トレドの中心から歩いてすぐなので観光には便利なところでした!

宿のおじさんが優しくて、地図に色々と書き込みながらトレドのことをいっぱい教えてくれます。
おじさんが朝寝坊して朝食の時間になっても起きてこなかったハプニングもありましたが…笑

まとめ

『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』

これって本当なんかなー?と半ば半信半疑で行きましたが、都会すぎずゆったりしていて私はすごく好きな街でした!
そしてほんとに1日いれば足りる街でもありました。笑

トレド大聖堂は今までに行ったどの教会よりも厳かで立派だったし、街並みは世界遺産に登録されているのも納得なくらい綺麗だったし。
ただし、街並みとか教会とか歴史とかにあんまり興味ないわーーって人には大して見るところないやん!って思うかもしれないので、そういう人はマドリードから日帰りでも良さそうな感じ。


次は一旦マドリードに戻ってから、夜行バスでグラナダに移動します!
ずっと楽しみにしていたアルハンブラ宮殿!!!

散歩が楽しいマドリード~プラド美術館周辺~

2月16~17日、いよいよ1か国目スペイン!!

予定はこんな感じ↓
16日 AM:プラド美術館マドリード
   PM:マドリード散策、トレドへ移動
17日 AM:トレド観光
  PM:マドリードへ戻り、グラナダ行の夜行乗車

今回は、

の2つを書きます。(トレド編はこちら!)

プラド美術館とその周辺

ホステルで朝食を済ませ、プラド美術館まで散歩。

立派な建物です。

まだ空いてなかったので、散歩しながら待つことにしました。

f:id:Travelholics:20170228020916p:plain
プラド美術館の奥に気持ちいい公園(Parque de El Retiro)があったのでうろうろしていると、テニスコートやPalacio de Cristalなんかもあっていい感じ!

市民の皆さんも犬の散歩やランニングを楽しんでました~


10時になったのでプラド美術館へ戻ると、すでに団体客がたくさん!

そして、なんと!!プラド美術館、学生は無料!!EU圏の学生だけでなく外人も無料とはすばらしい。
そんなこともあろうかと、大学で国際学生証をつくって持って行きました!!

これからもマチュピチュなどで学割があるそうなので、活躍しそうです。

良く分からず入口の列に並んでいましたが、学生でも一応チケット売り場でチケットをGetする必要があったようで、入れませんでした。
チケットをGetし、気を取り直していざ入館!

ベラスケス、エル・グレコ、ゴヤの『5月3日』など傑作ぞろい、あっ世界史の教科書で見たやつ!って感じの作品ばかりで面白かったです。ちなみに、ピカソの『ゲルニカ』はソフィア王妃美術館という別の場所にあるので、また帰りに行きたいな~と思いつつ、今日はトレドへ。

美術館を出ると既に昼でしたが、節約のためホステルの朝食でもらってきたリンゴをかじって昼食完了(笑)

帰りに街を散策していると、、かわいい店がいっぱい!
f:id:Travelholics:20170225020926j:plain
しかし、まだまだ旅の序盤なので財布のひもはかたい!!

ホステルで荷物をピックアップして、地下鉄でバスターミナルへ向かいます。
バスターミナル(Estacion de Autobuses de Plaza eliptica)は地下鉄Plaza Eliptica駅から直結していて超便利。
トレド行きバスはALSAという会社から頻繁にでています。https://www.alsa.es/


マドリードからバスで2時間、いざトレドへ!ーーートレド編はこちら!ーーー
(トレドで1泊し、翌日の夕方に再びマドリードへ戻ってきました。)

明日18日はグラナダに行くので、今夜は夜行バス(ALSA)で移動します。

夜行バスまでの暇つぶし

カフェに行く

グラナダ行きのバスは夜中の1:30発なので、カフェで暇つぶしをすることに。

調べてみると、時間をつぶせそうな良さげなカフェがたくさん!!
たくさんあって迷いますが地下鉄Lavapies駅からすぐのPomPomCafeに行くことに。
https://www.facebook.com/pages/Pum-Pum-Cafe/135688663498251
f:id:Travelholics:20170228022055j:plain
雰囲気良くて、wifi完備、おいしいコーヒー!
チャイも美味しかったです。

21時になるとカフェが閉店したので、近くのWifiが飛んでるバーへ移動しました。
店のおじちゃんも優しくて長居するには最高。

アマゾンプライムで映画を見る

2時間以上も暇だったので、アマゾンプライムで映画視聴を試みることに。
が、、wifiが弱すぎて繋がらない!!残念、、!

もし繋がっても国外からの映画の視聴は不可ですが、「海外から視聴可能なドラマ」なら視聴できそうでした。もしwifi環境と暇があれば是非!
https://www.amazon.co.jp/b/ref=atv_hm_hom_u_slct?_encoding=UTF8&filterId=OFFER_FILTER=PRIME&node=2351649051

渡航前に、Kindleに読みたい本をストックする・ウォークマンやプレイリストにお気に入りの曲を補充するのもお忘れなく!)


…そうこうしているうちに12時頃になったので、ようやくバスターミナルへ移動。
Lavapies駅から、Mendez Alvaro駅まで地下鉄で移動し、Estacion Sur de Autobusesへ。
グラナダ行のバスターミナル(Estacion Sur de Autobuses)はトレド行とは異なる場所にあるので注意!!)

バスターミナルに到着し、バスの電光掲示板を見ると乗るはずのバスがない、、!

と一瞬焦りましたが、カウンターで聞くとすぐにチケットを発行して乗り場を教えてもらえて、予定通り1:30のバスに乗れました~!
ちょっと期待しましたが、バスにはwifi飛んでませんでした(笑)


<マドリード観光まとめ>

  • 国際学生証をつくっておくべし
  • 他の街に行くなら、バス待ち暇つぶし対策をしておく


いよいよ明日はグラナダアルハンブラ宮殿です!

ふーこ

アエロフロートで出国!&マドリード移動

2月15日、成田空港からマドリードに向けて出発!
1ヶ月を超える卒業旅行の始まりです!

f:id:Travelholics:20170222050829j:plain

この日マドリードに行くのに使用する飛行機は、
ロシアの航空会社アエロフロート(aeroflot)”
夜にマドリード空港について、ホステルに移動するところまでが卒業旅行1日目の旅程です。

今回はこの1日目について、

アエロフロートの航空券と飛行機

マドリード空港からホステルまでの行き方

の2つに分けて詳しく書いていきます!


アエロフロートの航空券と飛行機

aeroflotの航空券取得

卒業旅行の行き先を決めたのが5月。それ以来8月くらいから航空券を何回も調べ、安い時期を狙っていました。
航空券を探すときにいつも使うのがこのサイト↓
Skyscanner
https://www.skyscanner.jp


たくさんある航空会社と旅行会社を比較して、一番安い航空券を教えてくれる便利なサイト。旅に行くときはいつも使っているオススメのサイトです!

調べ始めたときから最安だったのが今回使用したアエロフロート
この航空券の値段の変動を見守ること1ヶ月。


9月17日には2人で$863.74に。当時は1$=102円なので、2人で88100円。
てことは1人44050円…!!!!!
これ以上安くなることはないと見切りをつけて航空券をポチりました。


このときSkyscannerを通して、Vayama.comというサイト(expedia的な)に飛んでからチケットを取りました。
f:id:Travelholics:20170222081126p:plain




aeroflotの飛行機

チケットを取って以来、「アエロフロートってどんな機内なんやろーー?」と調べてみると、「機内食がおいしくない」と書かれていたり、グーグル検索では3つ目に「事故」って出てきたり。
f:id:Travelholics:20170222084403j:plain

ちょっとした不安を持ちつつも、毎回乗ってるのはLCCが多いからそれよりはマシだろう…と思いつつ搭乗。

この心配は全く無意味でした!


<よかったポイント6つ>
機内食美味しい
f:id:Travelholics:20170222051352j:plain

f:id:Travelholics:20170222051439j:plain

・遅延なし


アイマスク・スリッパ・ブランケットあり


・機内エンタメあり(英語・ロシア語)
f:id:Travelholics:20170222051555j:plain


・紅茶にはコーヒーフレッシュじゃなくてちゃんと牛乳入れてくれる←ここ大事(笑)


・CAさんがみんなめっちゃ美人!!!


期待値を下げて乗ったからか、「めっちゃ良い飛行機やん!」の一言。
特に文句を言いたいところはありませんでした。

トランジットのモスクワ空港にも、WiFiが飛んでいて快適にすごせました。


マドリード空港からホステルまでの行き方

マドリードには夜の11時に定時着。
これから予約しているホステルに移動します!

今晩泊まるのは"La Posada de Huertas"というホステル。
hostelworldというホステルに特化した予約サイトで2日前に予約して、1人11ユーロでした。
www.hostelworld.com
hostelworldも旅をしているときにはよく使っています。


マドリードには地下鉄が走っているので、ホステルまで地下鉄で行こうと思っていました。
グーグルマップで出てきたのはこれ。
f:id:Travelholics:20170222051444p:plain


しかし空港にある地下鉄の駅に向けて歩いていると…
マドリード空港から市内に出る路線が工事中で使えなくなっていました。


まじかーーー…!もう11やし早よホステルつきたいよーーと思いつつも代わりの方法をインフォメーションに聞いてみました。
すると、途中のNuevo Ministerios駅まで振替輸送で無料バスが出ているとのこと。
なので、一旦バスでそこまで行ってから地下鉄に乗り換えることに。


Nuevo Ministerios駅からホステルの最寄のAnton Martin駅までは、乗る方向を間違ったりもして、結局ホステルについたのは深夜1時頃でした。

その時間でも地下鉄に乗ってくる人は多く、スペインの夜は長いのかなーーと感じました。
ちなみに地下鉄はこんな感じ。
f:id:Travelholics:20170222084115j:plain



今回は出国〜マドリード到着までを詳しく書いてきました。
とりあえず、

  • マドリード空港から市内への地下鉄移動は工事情報をチェックすべき


この2つは大事!
次回の記事からは本格的に卒業旅行がスタートしていくのでお楽しみに!

あすか

女2人旅スタート!

はじめまして!
今日は1発目の更新なので、ブログの経緯と意気込みを書こうと思います!

私達は大学の同期で、就職を前に約1か月の卒業旅行に出ています。
2/15~3/20で、スペインモロッコペルーボリビアをまわります!

だいたいですが、以下の内容を記事にしていきます。

  • 旅で感じたこと
  • 次の旅人の役に立ちそうなこと
  • なんかおもろいこと

せっかくの卒業旅行なので、自分達の旅を記事にして発信したいな~と思ってブログを書くことにしました。
1日1記事とはいわず、どんどん書いていきますよ~

2人で楽しく更新していくので、是非読んでください!
よろしくお願いします!